• 1位

    CEO急死で160億円相当の資産消失の仮想通貨取引所「QuadrigaCX」、事件の新たな展開

    カナダ仮想通貨取引所「QuadrigaCX」の資産喪失事件の最新展開 唯一の秘密鍵管理者であったCEOの急死により、顧客資産が失われたカナダの取引所「QuadrigaCX」。本記事では、その事件の最新の動向を報告していく。 「QuadrigaCX」の資産喪失事件に進展 カナダ仮想通貨取引所「QuadrigaCX」のCEOであり、唯一の鍵管理者であったGerald Cotten氏が急死した結果、当時の価格で160億円相当の仮想通貨が引き出せなくなっている事件に関していくつかの進展があった。 本記事では、本件における最新の情報を以下の3点にまとめて伝える。 ・裁判所によってQuadrigaCXの監査役として任命されたErnst & Young (EY)のレポートが資産管理の不可解な点を指摘。(3月1日) ・QuadrigaCXに対する、失った資産を探すための猶予期間延長の裁判所による決定。(3月5日) ・故CEOの夫人による顧客資産引き出しに関する発言。(3月13日) Ernst & Youngがレポートで資産管理の不可解な点を指摘 2月5日に、世界各国でプロフェッショナル・サービス事業を展開するロンドン拠点の企業Ernst & Young (EY)がQuadrigaCXの監査役を裁判所によって任命。同社が今月1日に公開したレポートで、同取引所のいくつかの不可解な点が指摘された。 その内容は以下のようになっている。 ・QuadrigaCXでビットコインの管理に使われていた主要な6つのウォレットを特定したが、1つを除いたすべてのウォレットが2018年4月からデポジットなし。1つには意図が不明な50万ドル相当の送金があった。 ・QuadrigaCXよって偽名を使った14のアカウントが作成されており、同取引所上でのデポジットやトレードがあった。 また、Ernst & Youngは、同取引所のクラウドにある取引保護やアカウントのバランスデータの取得を試みたが、Amazon Web Serviceからアクセスを拒否されたという。 同社は、ウォレットが機能していなかったのは他の取引所に資産がデポジットされていた可能性があるとしており、そのような取引所の1つとしてKrakenがある。

    longxi

    仮想通貨で遊べるオンラインカジノ ナビ

続きを見る

  • カジノエックスが入金方法に新しく『VenusPoint』を導入で決済方法は11種類!

    Venuspointが追加され、さらに便利に! カジノエックスでは、venuspointからの入金は5ドル~、上限はなんと$10000です!出金は残念ながらできません。 ほかの入出金方法と同じなので、困る事はなさそうですね。 アカウントを開設してみる なんと入金方法は11種類もあります。使える仮想通貨も業界で一番多いんじゃないでしょうか!? アカウントを開設してみる カジノエックス詳細 管理人おすすめカジノサイト3選 パイザカジノ登録 ラッキーニッキー登録 ビットカジノ登録

    longxi 仮想通貨で遊べるオンラインカジノ ナビ
  • CEO急死で160億円相当の資産消失の仮想通貨取引所「QuadrigaCX」、事件の新たな展開

    カナダ仮想通貨取引所「QuadrigaCX」の資産喪失事件の最新展開 唯一の秘密鍵管理者であったCEOの急死により、顧客資産が失われたカナダの取引所「QuadrigaCX」。本記事では、その事件の最新の動向を報告していく。 「QuadrigaCX」の資産喪失事件に進展 カナダ仮想通貨取引所「QuadrigaCX」のCEOであり、唯一の鍵管理者であったGerald Cotten氏が急死した結果、当時の価格で160億円相当の仮想通貨が引き出せなくなっている事件に関していくつかの進展があった。 本記事では、本件における最新の情報を以下の3点にまとめて伝える。 ・裁判所によってQuadrigaCXの監査役として任命されたErnst & Young (EY)のレポートが資産管理の不可解な点を指摘。(3月1日) ・QuadrigaCXに対する、失った資産を探すための猶予期間延長の裁判所による決定。(3月5日) ・故CEOの夫人による顧客資産引き出しに関する発言。(3月13日) Ernst & Youngがレポートで資産管理の不可解な点を指摘 2月5日に、世界各国でプロフェッショナル・サービス事業を展開するロンドン拠点の企業Ernst & Young (EY)がQuadrigaCXの監査役を裁判所によって任命。同社が今月1日に公開したレポートで、同取引所のいくつかの不可解な点が指摘された。 その内容は以下のようになっている。 ・QuadrigaCXでビットコインの管理に使われていた主要な6つのウォレットを特定したが、1つを除いたすべてのウォレットが2018年4月からデポジットなし。1つには意図が不明な50万ドル相当の送金があった。 ・QuadrigaCXよって偽名を使った14のアカウントが作成されており、同取引所上でのデポジットやトレードがあった。 また、Ernst & Youngは、同取引所のクラウドにある取引保護やアカウントのバランスデータの取得を試みたが、Amazon Web Serviceからアクセスを拒否されたという。 同社は、ウォレットが機能していなかったのは他の取引所に資産がデポジットされていた可能性があるとしており、そのような取引所の1つとしてKrakenがある。

    longxi 仮想通貨で遊べるオンラインカジノ ナビ

続きを見る

続きを見る

続きを見る